見出し画像

【推しアウトドアギア ♯1】スズキ エスクード 2.4

この記事は、アドベントカレンダーの1日目です。『TSURI HACK』武田が担当します。

----------

Q1.普段しているアウトドアについて

主に釣り。たまにキャンプ、登山。後者は「誘われたらいくレベル」ですが、好きです。

画像5

Q2.私の“推しアウトドアギア”はこれ!

スズキ エスクード 2.4

画像2

画像3

画像4

Q3.使い方

釣り人にとって、釣具の次にマストアイテムと言えるのが車です。海に川に湖と、あらゆるフィールドにアクセスできます。あとはキャンプにも大活躍。5人が乗り込んでも、スーツケース3つが縦に入っちゃうほどの大きいラゲッジスペース。これがとても重宝しています。

画像1

画像6

Q4.気に入っているポイント、理由

▼流通価格が安い
あんまり人気がないせいか、中古市場の価格が安い。自分は5万キロ乗っていない状態のコイツを、乗り出し70万円でゲットしました。前オーナーが車庫保管で日焼けも少なく、定期メンテしている良物件だったので、まさに運命の出会いとはこのこと。(しかもスズキの正規ディーラーなので安心)

▼価格は安くても走りは力強い
街乗り重視の「なんちゃってSUV」が多い中、エスクードは本格SUVの血統を受け継いでいるので、とにかく悪路(凸凹道)での安定感はピカイチです。この車の前に乗っていたのが1.5Lのコンパクトカーだったのもあり、性能の差を顕著に感じました。また、2.4Lによる加速力も必要十分で、高速走行時の静音性が高いことも、この車の基本性能の高さゆえでしょう。

▼古すぎず、新しすぎない
近年の「流線型デザイン」と、「古臭い四角いデザイン」のちょうど中間あたりの顔つき。絶妙なダサさと、男っぽさのミックスとでもいいましょうか。自分のライフスタイルにはちょうど良かったり。古い車は確かにかっこいいけど、燃費、エアコン、税金、故障のリスクなど…あらゆる足かせが多いのも事実。「どこを妥協点にするか?」が男の車選びの楽しさでもあるので、背伸びせず自分にあった一台がこれだった、という感じです。参考までに。

Q5.今後挑戦したいアウトドアは?

最近、『TSURI HACK』編集部内での“バス釣り離れ”が深刻化しております。なので、2021年はもう一度バス釣りに回帰。徹底的にやり込みたいと思います(笑)。目指せ60オーバー!

画像7


\ 『TSURI HACK』もよろしく! /

マガジンTOPに戻る



スペースキーの最新情報や裏側を定期的にお届けします。

メルマガ登録はこちらから!


わ~!うれしい!
4
「もっと自由なアウトドアを、全ての人へ」をスローガンに、アウトドアレジャーを始める・続けるキッカケを提供し、何度も繰り返し楽しみたいと思ってもらえる体験機会を生み出していきます。 https://www.spacekey.co.jp/ #spacekey #スペースキー