見出し画像

【推しアウトドアギア ♯9】inov8 trailtalon 250

この記事は、アドベントカレンダーの9日目です。システム開発・運用部/植松が担当します。

----------

Q1.普段しているアウトドアについて

画像2

普段は近所の低山を中心にトレランを楽しんでいます。
また、登山も好きで夏は北アルプスなど3000m級の山々にもテントを担いで登ります。あとキャンプにも年に2~3回ほど行きます。

Q2.私の“推しアウトドアギア”はこれ!

画像1

そんな自分が紹介するのは「inov8 trailtalon 250」です。

Q3.使い方

日々のトレランのトレーニングに使ってます。
理由は後述する「自分を鍛えてくれるシューズ」だからです。

Q4.気に入っているポイント、理由

もともと人間の本来の自然な走りが出来るシューズが好きで、Altraのローンピークなんかを履いていたのですが、Width Dの自分には幅広過ぎて困っていたところにinov8のtrailroc245に出会い、それ以降はinov8のシューズばかりを履いてます。実はこのシューズが好き過ぎて、以前に色違いで持っていたので、これは二足目です(笑)。

このシューズの良いところは、

・人間本来の足型に沿った自然なラスト
・比較的薄底
・足底筋に沿った形のシャンク(ダイナミック・ファシア・バンド)
・4mmドロップ
・最小限のサポート機能
・低めのラグ

などナチュラルな足の動きを助け、ダイレクトな足裏感覚を実現する機能の組み合わせによる、気持ちの良い履き心地に尽きるかと思います。個人的には緩い下りのシングルトラックで、土の感触がシューズを通して感じられる瞬間が堪らなく好きです。

一方、短所としては前述の通りサポート機能が最小限なのと、若干アウトソール のグリップが心許ないところだと思います。ただ、強大無比なグリップがあっても地面の状況によっては滑ります。むしろグリップを過信せずに常に安全な着地位置を意識することで、最終的に効率の良い走りが身に付きそうです。

そんな風に自分自身のレベルアップも期待できるので、自分を鍛えてくれるシューズだと思って使っています。

Q5.今後挑戦したいアウトドアは?

今までは50kmまでのレースにしか出たことがないので、コロナ禍が落ち着いたら100km級のレースに挑戦したいですね。


\ 実はトレランの“先生”デビューしてます! /


前日の記事はこちら


スペースキーの最新情報や裏側を定期的にお届けします。

🏃メルマガ登録はこちらから!🏃


ありがとうございます!!
2
「もっと自由なアウトドアを、全ての人へ」をスローガンに、アウトドアレジャーを始める・続けるキッカケを提供し、何度も繰り返し楽しみたいと思ってもらえる体験機会を生み出していきます。 https://www.spacekey.co.jp/ #spacekey #スペースキー