見出し画像

【23rd】MTBで山を駆け回れば、冬でもへっちゃら。子供との相性もバツグン!

Spacekeyアドベントカレンダー2019の23日目は、湯浅が担当します。

----------

Q1.職種と担当している業務について教えてください。

自転車メディア『CYCLE HACK』の編集長をしています。

Q2.普段はどのようなアウトドアレジャーを楽しんでいますか?

画像1

5歳(男)&1歳(女)の子どもたちがいるので、ファミリーキャンプなど、普段は子供と一緒に遊ぶ事を中心に、アウトドアしています。公園でBBQだけというのも良くやります。自然の中だと、いつも以上に子供同士ですぐ仲良くなれるのでいいですね。

画像4

あと、自転車も楽しんでいます。自転車は、子どもとアウトドアレジャーを楽しむのにとても相性が良いです。子供と遊ぶ時、野球やサッカーの場合、大人と子供では力の差が出てしまいますが、自転車は乗れてしまえば、大人も子供も同じ目線で楽しめます。

画像5

震災からの東北の復興を感じる事ができる、イベントにも参加したりしました。

Q3.冬はどのようなアウトドアレジャーをしますか?

近年はあまり、冬はアウトドアやっていませんでした。3月に毎年フルマラソンもでていましたが、去年から休み中ですw

画像2

山をMTBで走れる専用コースとグランピングがおすすめです。

Q4.なぜそのアウトドアをするの?

雪が振らない地域であれば、冬でもMTBの専用コースが楽しめます。MTBで山を駆け回れば、体も熱くなるので、冬でもへっちゃらです。

画像6

また、冬のキャンプは設備がそろったグランピングのキャンプ場もおすすめです。暖房設備や温かい布団など、寒さ対策も充実しているところであれば、特に小さいこどもがいる場合は心配ですよね。

Q5.冬のアウトドアに関するエピソードをおしえてください!

画像7

「PICA Fujiyama」のグランピングでは、アメージングドームという常設テントに泊まりました。普通のテントと違い、宇宙船のようなテントで、子供も大人もワクワクでした!

Q6.冬のおすすめアウトドア情報、おしえて!

●PICA FUJIYAMA:宇宙船のようなアメージングドームと呼ばれるテントは、子供のテンションもあがること間違いなしです。暖房完備で温かい布団で眠れます。

●フォレストバイク:都心からもアクセスがよく、自然豊かな環境で自転車を楽しめます!

Q7.今年の冬、チャレンジしてみたいこと。

今年は久しぶりにスキー場に行って、スキー&スノボやろうかなと思っているのと、冬キャンプも挑戦しようかなと。

あと、スキー場のゲレンデで、思う存分自転車を楽しんでみたい!

Q8.「冬ってアウトドア楽しめないよね~」と考えているnoteユーザーにひとこと!

画像3

冬でも楽しめることができれば、1年中アウトドアを楽しめるので、工夫して楽しみましょう!

----------

Spacekeyアドベントカレンダー2019、明日は草替が冬のアウトドアの楽しみ方を紹介します。お楽しみに!!

わ~!うれしい!
8
「もっと自由なアウトドアを、全ての人へ」をスローガンに、アウトドアレジャーを始める・続けるキッカケを提供し、何度も繰り返し楽しみたいと思ってもらえる体験機会を生み出していきます。 https://www.spacekey.co.jp/ #spacekey #スペースキー

この記事が入っているマガジン

Spacekeyアドベントカレンダー2019
Spacekeyアドベントカレンダー2019
  • 26本

テーマは「私の冬のアウトドアの楽しみ方」 ジャンルやレベル感の違うアウトドアユーザーが、冬のアウトドアの楽しみ方を紹介します!12/1~25まで、毎日1記事更新(全25記事)。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。